「木こりキャンプ ~木こりのモリモリキャンプ~」

★概要★

日程:2019年10月12~13(土~日)1泊2日

対象:小学生

参加費:20,000円

定員:15名(最小催行人員8名)

*先着順になりますのでお早めにお申し込みください。

活動場所:埼玉県比企郡鳩山町熊井地区

*現地集合現地解散になります。

応募締め切り:9月29日(日)まで

やれること:森での自然体験・焚き火・野外クッキング・ドラム缶風呂(予定)・ナイトハイクなど。

 

申し込みフォームはこちら。

過去のキャンプ報告ブログはこちら。

 

★木こりのモリモリキャンプ~2つのテーマ~★

ワクワク、ドキドキ、モリモリ、、、

モリモリという言葉からどのような印象を受けるでしょうか。

森森、盛り盛り、守り守り、MORIMORI、、、、いろんなモリモリがあります。

今回のモリモリは2つ!

 

★テーマ①  森でモリモリ

「森で遊ぶ・感じる・知る・学ぶ」

活動拠点である熊井の森は民家のすぐ裏手にあり、昔から里に住む人たちの暮らしと繋がった森です。広葉樹林帯・針葉樹の人工林・竹林などに分かれ、100ヘクタールある巨大な森です。

未開拓な場所も多く、植物も動物も様々住んでいる多様性に富んだ森になっています。

この森で遊べることはたくさんあります。

木や竹を切る。薪を集めて、焚き火をする。森を探検する。穴を掘る。食べられる植物を探す。虫を探す。生き物の痕跡を探す。夜に生き物の鳴き声を聞く。夜の森を歩く。森で遊べること、やれることはたくさんあります。

体験することで、5感を使って、遊び、知り、学ぶことができます。

 

 

★テーマ②  暮らしをモリモリ

「キャンプは暮らし」

一般的なキャンプは非日常を楽しむものですが、野外教育キャンプの場合、キャンプ自体が日常の暮らしになります。日数が増えれば増えるほど、暮らしの要素が強くなります。衣食住がしっかりしていることがキャンプの中心となります。

朝は顔を洗い、歯を磨き、ご飯を作り食べて片付けてから遊ぶ。お昼はご飯を作り食べて片付けて、ちょっと休息してから遊ぶ。夜はご飯を作り食べて片付けて、お風呂を沸かして入り、着替えて荷物整理して寝る。そんな日々の暮らしがキャンプのベースにあります。

子どもたちは親御さんがいない中、すべて自分たちでやらなければいけません。

キャンプを通じて自立心を養い、仲間たちと協力し、自分たちの力でキャンプを作り上げます。

大人はそれをサポートします。

親元から離れて、ちょっとだけ成長する秋の時間です。

 

 

★木こりキャンプ、3つの成長ポイント★

★新しい出会い、友達がいること。

初めましての友達たちとみんなでキャンプを作り上げていきます。みんなでいるということは何かあれば話し合い、協力することでもあります。でも、時にはぶつかることもあります。その中でどう折り合いをつけるか考えたり、話し合ったり、謝ったり譲ったり、そういうことを繰り返し、成長していきます。

★自分たちのことは自分ですること。

家ではいつも家事に関することは一通り、お母さんかお父さんがやってくれました。しかしキャンプには親はいません。子供達は料理も自分でやらない限り、食べることができません!時間がかかってもやってみる。それによる気づき、学び、達成感、自信、美味しい料理に繋がります。

・・・と言っても困った時はスタッフに相談してね^^

★自然の中で、思いっきり楽しむこと。

いつもの小学校生活や家族の生活を離れて、また別のコミュニティに入ることは緊張もすれば、逆に思いっきり新しい自分で楽しむことができます。自然には心を溶かす何かがあります。心と身体は繋がっています。

たくさん自然の中で活動することで、心を溶かし、本当に楽しむことができるのです。

★タイムスケジュール★

★1日目

10:00 集合(現地集合)~アイスブレイク

12:00 お昼ごはん(お弁当持参)

13:00 森での活動。ドラム缶風呂炊き。

16:00 夜ごはんクッキング

18:00 夜ごはん

20:00 夜の活動~おやすみ

*宿泊はテントもしくは古民家になります。

*プログラムの状況によりお風呂は入らない場合もあります。

 

★2日目

6:00 おはよう

6:30 朝ごはんクッキング~朝ごはん

10:00 選択プログラム

12:00 お昼ごはん

13:00 午後の活動~ふりかえり

14:30 解散式

15:00 解散(現地解散)

 

★やれること参考例。

*活動事例(どんなことやるかは子どもたちと話し合う予定です)